非鉄金属素材へのめっき処理

非鉄金属素材へのめっき処理

HOME > 事業紹介 > めっき加工処理 > 非鉄金属素材へのめっき処理


Page Top

概要

アルミ二ウムは軽量化を図る目的で多くの分野で使用されています。
表面処理としては陽極酸化皮膜のアルマイト処理とアルミ二ウム上のめっきがあります。
アルミ二ウムは強固な酸化皮膜に覆われているので、アルミニウム上にクロムめっきや無電解ニッケルめっきをするには密着性を確保するために特殊な前処理を施したのち、めっきを実施します。

アルミ二ウム上のクロムめっきの利点

アルミ二ウムは軽い・加工性が良い・強度が高い・などの利点がありますがアルミ合金には硬度が低いものもあり摩擦や磨耗には難点があります。
硬質クロムを施すことでアルマイト皮膜では得られない特性を得ることができます。
高い硬度が得られる
耐磨耗効果が得られる
滑り性の向上
光沢面、梨地など意匠性や美観の向上
離形性の向上
などのアルミ二ウム表面上にはない硬質クロム皮膜の特性を持たせる事ができます。

アルミ二ウム上の無電解ニッケルめっきの利点

アルミ二ウムは両性金属といわれ酸性やアルカリ性の環境下では耐食性が劣ります。
無電解ニッケルを施すことでアルミ二ウムの問題点を改善します。
・耐薬品性が得られる
・形状に制限が無くめっきの付きまわり、均一性に優れた皮膜
・耐熱性の向上
・伝導性の付与
などの無電解ニッケル皮膜の特性を持たせる事ができます。

処理工程

アルミ二ウム上のクロム・無電解ニッケルめっきの工程
非鉄金属素材の処理工程
前処理としてこのジンケート処理を行うことでアルミ二ウム上に密着性の良いめっき皮膜が得られます。

主な利用製品

  • ・アルミダイキャスト部品
  • ・弱電
  • ・重電
  • ・照明
  • ・光学機器
  • ・電子部品
  • ・建材
  • ・印刷ロール
  • ・医療機器
  • ・携帯電話部品等
ZAS(亜鉛合金)や銅合金への表面処理も可能です。

その他の表面処理はこちらから

クロマックスクロマックス CROMAX 硬質クロムめっき硬質クロムめっき 無電解ニッケルめっき無電解ニッケルめっき
黒色無電解ニッケルめっき黒色無電解ニッケルめっき 亜鉛めっき・黒染め亜鉛めっき・黒染め ニッケル系合金・複合めっきニッケル系合金・複合めっき
その他 各種めっきその他 各種めっき 非鉄金属素材へのめっき処理非鉄金属素材へのめっき処理