クロマックス

クロマックス CROMAX

HOME > 事業紹介 > めっき加工処理 > クロマックス


Page Top

クロマックス

クロマックスとは、高寿命・高耐久性を目的として自社で開発された次世代めっき皮膜です。 従来の硬質クロムに比べて硬度では20%アップ、磨耗では2~3倍アップしています。 さらに49±1°Cの低温処理としては、超硬度で歪みなどの心配もありません。 CROMAXの結晶構造は細かく、3方向に成長が見られ、従来の単一方向のクロム皮膜に比べ複雑になり、多方向からの負荷に対応できます。

用途 従来の硬質クロムめっきより耐摩耗性を求める場合
高硬度・耐摩耗性・耐焼付け性
取扱商品 ゴム金型、プラスティック金型、プレス金型、ガラス金型、SMC金型、砂金型、タイル金型、瓦金型、ロール、機械部品、治工具など
最大加工サイズ 5500 × 3000 × 1500
最大重量 20t
材質 鉄、鋳鉄、銅、ステンレス、アルミ、その他の非鉄金属(ご相談ください)
ベーキング 191°C、3~5h
検査 外観、膜厚、公差寸法、成績書の発行可

硬質クロムとクロマックスの特性比較

硬質クロム 比較 クロマックス
Hv900 硬度 Hv1,200
35DS/mg 耐摩耗性(スガ式)
※1
160DS/mg
1328.5µm² 耐摩耗性(ボールオンディスク式)
※2
85.2µm²
1328.5µm² 耐摩耗性(ボールオンディスク式)
※2
85.2µm²
Ra 11.5nm 表面粗さ Ra 8.6nm
1配向性 皮膜構造 3配向性
白~光沢 外観 超光沢
※1 スガ式
1mg削れるのに必要な砥石車輪の回転数(DS/mg)数値が大きいほど耐摩耗性に優れる。
※2 ボールオンディスク式
相手材は超硬、荷重3.0(N)、速度10.0(cm/s)(µm²)は摩耗面積。数値が小さいほど耐摩耗性に優れる。

その他の表面処理はこちらから

クロマックスクロマックス CROMAX 硬質クロムめっき硬質クロムめっき 無電解ニッケルめっき無電解ニッケルめっき
黒色無電解ニッケルめっき黒色無電解ニッケルめっき 亜鉛めっき・黒染め亜鉛めっき・黒染め ニッケル系合金・複合めっきニッケル系合金・複合めっき
その他 各種めっきその他 各種めっき 非鉄金属素材へのめっき処理非鉄金属素材へのめっき処理